Home>アテネオリンピック日本メダル予想結果

傾向として、下の表を見てのとおり、金銀銅と、下に行くごとに的中率が下がっている。これは1位より2位、2位より3位を予想する方が難しいことを示している。


感想。私としては金銀の予想結果は満足。金に関してはメダルなしが2つのみで終わったことが嬉しいし、銀もそのはずし方が「結果金メダル」というハズレ方なので、嬉しいハズレである。


銀で悔いが残るのはアーチェリー。女子団体が初戦敗退。やはりこの競技は山本が銀を取ったことから、経験がものをいうのであろうか。もしくは若いのならば、勢いが大事なのだろうか。射撃、アーチェリーはその日の気持ちも含めたメンタル的なコンディションが重要なため、オリンピックという舞台では実力通りにいかないらしい。そこは次回の予想では注意したい。体操の個人競技別も同様のことが言えると思われる。収穫になったと思う。


野球、ソフトはやはり一度も負けられないという部分が大きいらしく、日本としてはこのへんが将来への課題になるだろう。当分金は遠いと見る。


銅はぼろぼろだった。銅はあとから見るとひどい予想だと自分でも思った。銀→金は嬉しいが、銅→金は過小評価が悔しい。過大評価は問題外。水泳は特にひどく、しっかり見極められなかった。決勝に残ったのがせいいっぱい。


予想もしていなかったところでは、柔道の谷本、水泳の森田、男子メドレー、柴田(種目は的中だった!)、アーチェリーの山本、自転車の伏見、井上、長塚、セーリングの関、轟、マラソンの野口、体操の米田、レスリングの田南部、井上。このへんは本当に予想外だったので、はずしたことに関しては悔しくはないです。こんな形ではずすのは嬉しい限りです。セーリングは実績があるので、少しは期待していた部分はあったのですが。メダルまでは考えなかったですし。


以上、予想のまとめは終わり。今回いろいろわかったので、トリノではこれ以上の的中率を目指します!まあ、冬はほとんど取れないと思われるので、予想にもならないか。。。じゃー、バイバイ!(^^)/~~

※表の見方
完全的中:メダルの色まで当たり
メダル的中:なんとかメダルは獲得した

結果 予想 完全
的中
メダル
的中
16 12 7 58% 10 83%
9 13 3 23% 10 77%
12 16 3 19% 6 38%
37 41 13 32% 26 63%

◎メダル色も当たり
▲メダルは当たり(予想以上)
△メダルは当たり(予想以下)
×メダルなし
●メダル色も当たったが、選手が違った!

金 的中率、メダル獲得率
野球
レスリング 女子72kg 浜口京子
女子55kg 吉田沙保里 的中
女子63kg 伊調馨 的中
女子48kg 伊調千春
柔道 男子100kg 井上康生 × 敗退
女子48kg 谷亮子 的中
男子60kg 野村忠宏 的中
女子70kg 上野雅恵 的中
女子78kg 阿武教子 的中
水泳 女子800m自由形 山田沙知子 的中
射撃 女子エアライフル 三崎宏美 × 22位
銀 的中率23%、メダル獲得率77%
水泳 男子100m平泳ぎ 北島康介
男子200m平泳ぎ 北島康介
男子200mバタフライ 山本貴司 的中
女子100m背泳ぎ 中村礼子 × 4位
シンクロデュエット 的中
シンクロチーム 的中
陸上 ハンマー投げ 室伏広治
柔道 男子100kg超 鈴木桂治
女子78kg 塚田真希
体操 男子団体総合
男子個人総合 冨田洋之 × 6位
ソフトボール
アーチェリー 女子団体 × 敗退
銅 的中率19%、メダル獲得率38%
水泳 女子200m平泳ぎ 中村礼子 的中
男子200mメドレー 三木二郎 × 8位
女子4x100mメドレーリレー × 5位
女子400m自由形 山田沙知子 × 6位
女子200mバタフライ 中西悠子 的中
男子3m飛込み 寺内健 × 8位
陸上 男子4x100mリレー × 4位
柔道 男子90kg 泉浩
男子66kg 内柴正人
男子73kg 高松正裕 × 敗退
女子52kg 横沢由貴
体操 男子種目別あん馬 鹿島丈博 的中
男子種目別鉄棒 鹿島丈博 × 未出場
男子種目別平行棒 塚原直也 × 未出場
レスリング 男子グレコローマン74kg 永田克彦 × 敗退
ボート 軽量級ダブルスカル × 6位
inserted by FC2 system